香嵐渓の紅葉2018の見ごろやライトアップは?期間/時間や駐車場も!

紅葉

こんばんは、ハッピです!

今回は、愛知県・香嵐渓(こうらんけい)の2018年の紅葉情報(第63回香嵐渓もみじまつり)について書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

香嵐渓

1634年頃に香積寺の和尚がスギやモミジを手植えしたのが始まりとされます。

大正末期から昭和初期には住民のボランティアでモミジの大植樹が施され散策道がつくられるなどして現在のようになっています。

香嵐渓のシンボルとも言える待月橋(たいげつきょう)が命名されたのは昭和28年(1953年)。その後3回の掛け替えを経た後、平成19年(2007年)に新たな橋となっています。

アクセス

〒444-2424 愛知県豊田市足助町飯盛

0565-62-1272(足助観光協会)

■公共交通機関

  • 名鉄名古屋本線 『東岡崎駅』から、足助行きバス 約70分 香嵐渓下車
  • 名鉄豊田線 『浄水駅』から、とよたおいでんバス百年草行き 約60分 香嵐渓下車
  • 愛知環状鉄道『八草駅』から、香嵐渓行き直行バス 約60分 ※11/11~30日まで
  • 名鉄三河線 『豊田市駅』より、名鉄バス足助行き 約45分 香嵐渓下車

■車

関東方面から

東名高速道路 『豊田JCT』から、東海環状自動車道 『豊田松平IC』下車、(ETC付き普通車の場合は、鞍ヶ池スマートIC下車)、県道39号を経由、国道153号を飯田方面へ約15キロ。

関西方面から

東名高速道路 『名古屋IC』下車、猿投グリーンロード終点 『力石IC』下車、国道153号を飯田方面へ約10キロ。所要時間40分。

駐車場については、公式サイトに詳しく載っています。(http://asuke.info/news/entry-1384.html

相場は1回1000円のようです。

常設パーキング

  • ①多目的広場
  • ②宮町 200台
  • ③足助支所 120台
  • ④西町第2 70台
  • ⑤西町第1 30台
  • ⑥落部 60台
  • ⑦川見 100台
  • ⑧足助中央 90台

 

臨時パーキング

11/15(土)・16(日)・22(土)・23(日)・24(月)・29(土)・30(日)

  • ⑨足助小学校 200台
  • ⑩足助グラウンド 400台
  • ⑪足助中学校 50台

見ごろ

見頃:11月中旬~11下旬(例年)

本数:約4000本

種類:イロハモミジ、オオモミジなど11種のカエデ

2017年11月11日

ちらほら赤くなっていますが、まだ大半は緑ですね。

わんちゃん可愛い♡

 

11月20日

紅葉真っ盛り★

 

11月23日

綺麗な赤色になっていますね♪

 

11月28日

ものすごく綺麗です♪

 

12月2日

ちょっと赤が落ち着いてきていますね!

 

12月10日

紅葉は落ちてしまっていますね。

 

2017年は11月20日ごろから11月終わりごろまでが見頃のピークだったようです。(案内されているとおり、中旬から下旬ですね。)

 

スポンサードリンク

 

ライトアップ期間

第63回香嵐渓もみじまつり

期間:平成30年11月1日(木)~30日(金)

時間:9時頃~21時まで(ライトアップは日没~21時)

※香嵐渓園内は常時開放

場所:足助・香嵐渓広場

料金:無料

混雑状況

渋滞&混雑が凄そうです(><)

 

平日でも混むようですが、平日の朝早くから行けばマシというコメントもありました。

渋滞回避について書かれているブログ「https://na58.net/2788.html」「http://takemetothe.main.jp/?p=4293」「https://ameblo.jp/safetyshw/entry-12327341774.html」も参考にしてみてください♪

 

この時期の夜は寒いと思うので、防寒も忘れずに★

 

アラサーにもなると冷えに弱くなるのでカシミヤのマフラーとか、UGGのブーツとか、本物の良さが身にしみます(><)

これらに、ユニクロのカシミヤセーターとウルトラライトダウンを合わせたら完璧ですね♪

 

スポンサードリンク

 

 

こちらの記事も人気です!