六義園の紅葉2018の見ごろやライトアップは?期間/時間や混雑も!

紅葉

こんばんは、ハッピです!

今回は、東京・六義園の2018年の紅葉情報について書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

六義園(りくぎえん)

六義園は1702年に築園された由緒ある日本庭園です。

五代将軍綱吉に重用された柳沢吉保の下屋敷として築造されました。

明治の初年には三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎が六義園を購入しましたが、1938年(昭和13年)には東京市に寄贈され、以後有料で一般公開されるようになりました。

関東大震災や東京大空襲の被害をほとんど受けることなく、造園時の面影を残したまま今日に生き延びている庭園です。


■入園料

  • 一般  300円
  • 65歳以上 150円

(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

アクセス

〒113-0021  東京都文京区本駒込6-16-3

03-3941-2222

■電車

  • 駒込駅から徒歩で7分
  • 都営地下鉄千石駅から徒歩で10分

 

専用駐車場はありません。

このサイトで「六義園」と検索すると、近隣で利用できる駐車場が出てくるので、使ってみてください(^^)


見ごろ

見頃:11月中旬~12月上旬(例年)

種類:モミジ・ハゼノキ・イチョウ

本数:約560本

11月19日

まだ緑色ですね。

 

11月23日

だいぶ赤くなっています。

 

11月25日

見頃ですね♪きれい!

 

11月27日

きれ~★!!

六義園の公式ツイッターが、見頃を教えてくれるので、フォローしておくと良いですね♪

 

12月2日

ピーク過ぎてる、とおっしゃっていますが、めちゃくちゃ綺麗だと思います♪

 

12月5日

2017年のライトアップは12月6日まででしたが、5日でもまだまだ綺麗です♪

昨年は11月20日くらいから12月初めくらいまでが綺麗に見られたようでした!

 

スポンサードリンク

 

ライトアップ期間

紅葉と大名庭園のライトアップ

期間:平成30年11月17日(土)~12月9日(日)

時間:9時~21時(最終入園は20時30分)


■園内施設

もみじ茶屋

  • 場所:吟花亭付近
  • 時間:10時~20時30分(荒天時休業の場合あり)
  • 内容:軽飲食の販売

抹茶茶屋

  • 場所:吹上茶屋・心泉亭
  • 時間:【吹上茶屋】9時~20時30分(L.O.20時)【心泉亭】平日:12時~20時(L.O.19時30分)、土日祝日:10時30分~20時(L.O.19時30分)
  • 内容:抹茶と和菓子セット、六義園オリジナルお土産の販売

お土産処

  • 場所:サービスセンター前
  • 時間:9時~20時(荒天時休業の場合あり)
  • 内容:六義園オリジナルお土産の販売

混雑状況

昨年は、見頃ピークの11月26日(日)や12月2日(土)・3日(日)にはかなり混雑したようです。

しかし、平日はマシだったようです。

意外です!

 

京都の有名なお寺の紅葉ライトアップは、平日休日関係なく1時間待ちとかですが、東京は紅葉スポットが多いからマシなのでしょうかね・・・?

 

じーっと並んで待つことはあまりないかもしれませんが、12月にも入ると「寒かった」というツイートも多かったので、防寒も忘れずに★

 

アラサーにもなると冷えに弱くなるのでカシミヤのマフラーとか、UGGのブーツとか、本物の良さが身にしみます(><)

これらに、ユニクロのカシミヤセーターとウルトラライトダウンを合わせたら完璧ですね♪

 

スポンサードリンク