永観堂の紅葉ライトアップ2018の期間と時間は?拝観料や混雑状況も!

紅葉

こんにちは、ハッピです!

今回は、2018年の京都・永観堂(禅林寺)の紅葉ライトアップについて書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

永観堂(禅林寺)

  • 首を左に向けて振り向く本尊のみかえり阿弥陀
  • 東山を背にして建つ多宝塔
  • 水鏡に紅葉を移す放生池

など見どころの多いお寺です。

 

みかえり阿弥陀

 

多宝塔

 

放生池

 

ライトアップ時は、東山を背に浮かぶ幻想的な風景が、息を飲むほどの美しさです。

 

私は行ったことがありませんが、「今まで見た中で1番きれいだった」「人生で1度は観に行った方がいい」とコメントしている方が多かったです!

拝観料

大人600円、小中高生400円(堂内・庭園拝観含む)

※秋の寺宝展期間中(11月7日~12月6日)大人は1000円

※ライトアップ時は中学生以上600円

 

昼間:寺宝展夜:ライトアップは入れ替え制となっています。

大人は普段は600円ですが、11月7日~12月6日の期間は昼間行くと1000円夜に行くと600円ということになります。

見ごろの時期に行くと、1000円でも安く感じるくらいのクオリティみたいです☆

 

スポンサードリンク

 

アクセス

〒606-8445  京都府京都市左京区永観堂町48

電話:075-761-0007 

■電車

  • 京阪電鉄三条駅よりバスで約10分
  • JR京都駅から市バスで30分
  • 地下鉄東西線蹴上駅から徒歩で15分

バス停は「南禅寺永観堂道」

 

永観堂に駐車場はありますが、ライトアップ期間は利用不可となります。

なるべく公共交通機関で行くのが良さそうです。

 

でも、車が便利というときもあると思います♪

このサイトで「永観堂」と検索すると、近隣で利用できる駐車場が出てくるので、使ってみてください(^^)


見ごろ

11月中旬~12月上旬

種類:イロハモミジ・ヤマモミジなど

規模:約3000本

2016年だと、12月に入って観に行った方の中には「ちょっと遅かったかも」という意見の方が。

2017年は、11月中旬や11月28日とかでも「早かったかも」という意見の方がいらっしゃり、その年によって結構違う感じでした。

 

2016年

 

2017年

ライトアップ期間

2018年の情報はまだ出ていません。

2017年の情報です。

期間:11月7日(火)~12月6日(水)

時間:17時30分~21時00分(受付は~20時30分)

新しい情報が分かり次第、更新いたします。

混雑状況

永観堂は人気の紅葉スポットなので、やはりかなり混雑するようです。

1時間ほど並んだり待ったりするのは覚悟しないといけませんね。

 

平日でも混むみたいです(><)

 

何時ごろなら空いている、という情報を提供したかったのですが、無理そうですm(__)m

いつ行っても混んでいると思うので、並んでいる時間も楽しんでください♪

 

この時期の夜の京都は寒いと思うので、防寒も忘れずに★

アラサーにもなると冷えに弱くなるのでカシミヤのマフラーとか、UGGのブーツとか、本物の良さが身にしみます(><)

これらに、ユニクロのカシミヤセーターとウルトラライトダウンを合わせたら完璧ですね♪

 

スポンサードリンク

 

 

こちらの記事も人気です!