セバスチャンクルツ(オーストリア首相)の経歴は?結婚や彼女も調査!

オーストリア

こんにちは。ハッピです。

 

10月15日、
オーストリア国民議会(下院)選挙(総選挙)の投票が
行われ、セバスティアン・クルツ外相(31)率いる
国民党の勝利がほぼ確実となり、
クルツ氏がヨーロッパ最年少のリーダーになる可能性が出てきたそうです。

 

反移民・難民を訴える中道右派の国民党。
第一党とはなったものの、
単独で過半数には達していなので、

 

クリスティアン・ケルン首相率いる社会民主党か
極右の自由党と連立政権を組むことになるようです。

 

まぁ難しいことはよく分かりませんが、
クルツ党首、お若くてかなりイケメンですね。

 


ということで、今回は、
オーストリアにて政界の風雲児とも呼ばれる
セバスチャン・クルツ氏について、
書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

プロフィール

クルツ氏は1986年8月27日の31歳です。

 

クルツ氏の生まれた1986年(昭和61年)は
五黄の寅年」と呼ばれ、

 

・他の星を統べる帝王の星でリーダーとなる徳をそなえている

 

・周りを圧倒するほどのパワーの持ち主で運気はいたって強大

 

・強い正義感と信念の持ち主でこれと決めたらとことん突き進む

 

・困難を克服する強い意志と行動力があるので活躍する人が多い

 

という特徴を持つ36年に1度の逸材
生まれるそうです!

 

若くして首相候補になられるようなクルツ氏なので、
実際こんな性格なのではないでしょうか(^^)

 

クルツ氏はオーストリアのウィーン出身、
ご両親ともに教師だそうです。

 

2004年から2005年まで、陸軍で兵役に就き、
その後ウィーン大学法学部に進学されました。

 

ウィーン大学は

 

シュレディンガーのネコ』で有名な
エルヴィン・シュレーディンガーや、

 

ABO式血液型を発見した
カール・ラントシュタイナーなどの

 

ノーベル賞受賞者を多く輩出しています。

 

クルツ氏は
2003年からオーストリア青年国民党に参加し、
2008年から2012年までそのウィーン支部長を務め
2009年には99%の支持を得て総裁に選出されました。

 

さらに2012年にはほぼ100%の支持を得て再選されたそうです。

 

また、2009年から2016年まで、オーストリア国民党
ウィーン支部州議会代表を務められました。

 

2013年12月、27歳にして歴代で最も若い外務大臣になりました。

 

▼当時のニュースです。
Viewpoint 27歳のオーストリア新外相

 

少々意地悪に報道されていたようですね!

 

スポンサードリンク

 

結婚している?恋人は?

 

クルツ氏は、まだ結婚されておりません。

 

しかし、恋人はいるようです!

 


恋人のお名前はスザンネ・ティアさん(31歳)。

 

オーストリアの財務省で働いているそうです。

 

絵に描いたような美男美女ですね♡

 

一国の首相になられるような方が、
ご自身のインスタグラムで
このような写真を挙げられるのですから、
きっと結婚も決まっているのでしょうね!

まとめ

 

ヨーロッパで最年少のリーダーになるかもしれない
オーストリア国民党のセバスチャン・クルツ党首
についてご紹介しました!

 

以前このブログでは、
カナダのイケメン敏腕首相
ジャスティン・トルドー氏を紹介いたしましたが、

 

ジャスティントルドー(カナダ首相)の妻や子供は?名言も集めてみた!

 

トルドー首相は、クルツ氏とは正反対、
難民移民の受け入れ大賛成で注目を浴びていました。

 

トルドー首相、クルツ氏ともに
今後の活躍に期待ですね☆

 

最後までお読みくださりありがとうございました!
ではまた(^^)/

 

スポンサードリンク

 

 

こちらの記事も人気です!