田中正恭(終着駅)の経歴や勤務先の会社は?出身大学や結婚も調査!

車窓

こんにちは。ハッピです!

 

私は高校生の頃、電車通学をしていましたが、

 

このまま終点まで行ってしまいたいな~

 

と思ったことが何度もあります!小心者なので1度もしていませんが(;^^)

 

実際に乗っている電車だと終点まで行っても知れていたのですが、電車内に貼られている路線図の端まで行くとの町に出ることが出来たので、いつも想像していました♪

 

大学には電車で2時間ほどかけて通っていたので、それはそれで、窓から見える景色に色々と思い出があります。

 

青春18切符で1日かけて、大阪から、東京や福岡に行ったこともありました(^^)

 

誰にとっても、少しくらいは思い出のある鉄道ですが、全国すべての終着駅を訪ねた会社員・田中正恭さんが、4月24日の「マツコの知らない世界」に出演されます♪

 

すべての終着駅ってすごいですね!

 

やっぱり終着駅には終着駅の雰囲気が漂っているのでしょうか?

 

ということで今回は、田中正恭さんについて書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

プロフィール

田中正恭さん

(田中正恭の汽車旅日記より)

名前:田中 正恭(たなか まさやす)

生年月日:1955年12月16日

年齢:62歳(2018年4月18日時点)

出身:兵庫県神戸市

職業:紀行作家

田中正恭さんは、1955年生まれの62歳

 

16歳のときに本格的に汽車旅を始められています。

 

20歳のころ、入学した甲南大学で、旅と鉄道愛好会を設立し初代会長を務められました。(甲南大学では、法学部を卒業されています。)

 

卒業後にどんな仕事につかれたのかは、分かりませんでしたが、Wikipediaには、「大手広告代理店に勤務していたとの説もあるが、詳細は不明」と記載されています。

 

謎めいています。笑

 

現在も会社員でいらっしゃるので、新卒で入社した会社にずっと勤めていらっしゃるかもしれませんし、何度か辞めておられるかもしれません。

 

田中さんは1981年、26歳の頃に国鉄全線走破&国鉄全有人駅入場券収集を達成。

 

1984年台湾国鉄全線走破、1985年オーストラリア横断鉄道走破、1988年カナダ横断鉄道走破、1991年マレー半島縦断鉄道走破、1998年シベリア横断鉄道走破と、海外の鉄道にもチャレンジされています。

 

長期間の海外での滞在を何度かされていますが、普通のサラリーマンだとなかなか出来ないように思います。

 

働いて、お金がたまったら辞めて海外に行く、帰ってきてまた就職して働く、ということを繰り返されているのかな~と思いました!

スポンサードリンク

 

家族や嫁・子供について

田中さんが結婚されているのかどうか気になり、調べてみましたが、はっきりとした情報はなく分かりませんでした。

 

田中さんは「田中正恭の汽車旅日記」というブログをされていますが、そのブログには奥さんや子供さんのことは書かれていなさそうでした。

 

お仕事のブログなので、プライベートなことは書かれないのも当然だと思いますが、田中さんの仕事内容が「紀行」なので、家族旅行について書くこともできると思います。

 

他の人の仕事よりは、プライベートに関わることもぽろっと書いてしまいそうです。

 

ですが出てこないということは、徹底してプライベートを書かないようにされているか、独身でいらっしゃるか、なのかなと思いました。

 

趣味のプロ野球と鉄道紀行以外では、「ああ、阪神大震災」という阪神大震災義援金有志の会から出版されている本も書かれているので、阪神大震災のあった1995年はまだ神戸にいらっしゃったのかもしれません。(現在は神奈川県在住)

 

もしそこに、田中さんの被災された話が書かれていれば家やご家族についても記載があるかもしれませんね。

 

ただ、その本はアマゾンや楽天で見つかりませんでした。

 

田中正恭さんの一番新しい本は、「プロ野球と鉄道」という本です。

 

野球と鉄道って別物みたいに思いますが、重なる部分があるのですね♪

 

スポンサードリンク

 

 

こちらの記事も人気です!