武田一浩氏体調不良の原因や容体は?生中継中に離席で心配の声

こんにちは、ハッピです!

NHKの野球解説者である武田一浩さんが、エンゼルス-レンジャーズ戦の大谷翔平選手実況中に離席されていたようです。

 

私も今日小さな手術をしてきて、局所麻酔が切れる時を恐れながら自宅にいるので、妙な親近感があり(そんなに共通点はありませんが)心配です。

今回は、武田一浩氏の体調不良について書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

経緯

試合は、BS1で放送されていました。

9月5日午前9時から、森中直樹アナウンサーの実況、武田一浩氏の解説で生中継中でした。

午前10時に差しかかる段階から武田氏は無言の時間が増え、2回裏から発言がなくなり、森中アナが一人で実況を務めていらっしゃったようです。3回を終了したところで森中アナが「解説の武田一浩さんが体調不良のため、森中が1人でお届けしています」と説明されました。

エンゼルス-レンジャーズ戦では、大谷翔平投手が2番DHで先発出場し、6回表にレンジャーズ先発のマイナーから、メジャーで初めて左腕から、今季16号のホームランを打ちました☆

ただ、大谷翔平選手の所属するロサンゼルスエンゼルスは、4対2で負けてしまったようです。

武田一浩氏の容体は?

武田一浩さんの体調不良の原因や容体については、まだ情報がなく分かりません。

いつもと様子が違ったみたいですね。

中継中に席を外すとなると、かなり体調が悪かったのではないかと思われますが、大事に至っていないと良いのですが・・・。

 

今日の試合は、アメリカ合衆国テキサス州アーリントンにあるグローブライフパークで行われました。

現時点(日本9月5日正午、アメリカ9月4日22時)でのグローブライフパークの天気は曇り、気温は27度、湿度は75%なので、試合が行われていた2時間ほど前は、もう少し暑かったのかなぁと思われます。

湿度も高いですね。

 

ちょっとお腹がゆるくて・・・、とかだったら良いなぁと思います。

追記

武田氏は、病院で診断を受けられ、異常は見つからなかったとのことです。

現在は回復し、自宅で休養されているそうです。

体調が回復し次第、復帰されるとのことでした。

 

スポンサードリンク

 

武田一浩氏プロフィール

武田一浩氏

(http://j-sm.jp/kazuhiro-takeda/より)

名前:武田一浩(たけだ かずひろ)

生年月日:1965年6月22日

年齢:53歳(2018年9月5日時点)

身長:171 cm

出身:東京都

高校:明治大学付属中野高校

大学:明治大学

明治大学卒業後、1987年度ドラフト会議にて日本ハムファイターズから1位指名を受けて入団、1年目から一軍で登板されました。

日本ハムには1995年まで在籍、1996~1998年福岡ダイエーホークス、1999 ~2001年中日ドラゴンズ、2002年読売ジャイアンツで活躍。

 

引退後、2006年にはWBC日本代表の投手コーチに就任。

現在はNHKプロ野球、メジャーリーグ中継で解説者を務められています。

 

武田氏は、クセがすごい解説をされるようで炎上することもあるようですが、現役時代からハッキリ物をおっしゃるので、トラブルになることもあったようです。

でも、忖度なく思ったことを正直におっしゃるので、信頼しているファンも多いみたいです。

私は思ったことをはっきり言えるって、素敵なことだと思いますが、自分があまりにもハッキリとキツイことを言われてしまうと傷ついてしまうだろうなぁと思います(;^^)

 

スポンサードリンク

 

 

こちらの記事も人気です!