[アナ雪]両親は船でどこへ行った?ラプンツェルやターザンとの関連も!

こんにちは、ハッピです!

 

「アナと雪の女王」が2019年1月3日

地上波放送されますね♪♪

 

すっごく楽しみなのですが、

前々から気になっていたことが。

 

エルサとアナのお父さん、お母さんは

船旅に出掛けた際

船の事故によって帰らぬ人となっていますが、

行き先はどこだったのか

ということが気になります。

 

ということで今回は、

「アナと雪の女王」のアナとエルサの

父母について書いていきたいと思います!

スポンサードリンク

アナとエルサの両親について

アナとエルサの髪の色はなぜ違う?両親(父母)からの遺伝や魔法の能力も

2018.12.21

エルサとアナのお父さんは

北欧(ノルウェーあたり)にある

アレンデール王国

の国王でした。

名前はアグナルです。

 

心優しい王様で、

民衆から愛されていました。

 

エルサとアナのお母さんの

名前は公開されておらず、

単にアレンデール王妃

呼ばれています。

 

エルサとアナの両親の年齢は

分かりません。

 

エルサ21歳、アナ18歳の時、

両親は海難事故で息を引き取ります。

 

映画の中では、エルサとアナの両親は

「外交のため」に出掛けて行った

としか分かりませんが、

こんな噂があります。

 

両親の海難事故から3年後

エルサの戴冠式に

「塔の上のラプンツェル」の

ラプンツェルとユージーンが来ています。

 

▼ラプンツェルとユージンはこんな人たち

「塔の上のラプンツェル」は2011年3月

「アナと雪の女王」は2014年3月

公開されています。

 

ちょうど3年間の差ですね。

 

このことから、

エルサとアナの両親は

ラプンツェルが城に戻ったお祝いに

出席するために船で出発

 

でも、途中で海難事故に遭ってしまった

 

3年後のエルサの戴冠式には、

ラプンツェルとユージーンは

哀悼の意を表すためにも参加した

 

のではないかと言われています。

 

アナ雪もラプンツェルも

19世紀前後のお話みたいですし

辻褄が合わないわけでもなさそうです。

アナ雪(アナと雪の女王)の時代背景や原作との違いは?何年頃の物語?

2018.12.18

 

ちなみに、

ラプンツェルはドイツのお伽話なので

ドイツが舞台ではないかと言われています。

 

エルサとアナの両親は

ノルウェーから船でドイツへ行く途中、

デンマークあたりで

海難事故に遭っているのではないかとも

言われています。

リトルマーメイドの原作作者アンデルセンは

デンマーク出身なので 、

リトルマーメイドの舞台は

デンマーク付近の海の可能性があります。

(もっと暖かい場所なのではないかという意見も)

 

アリエルが海で発見した沈没船は

エルサとアナの両親が乗っていた船なのでは?

という噂があります。

色々繋がっていると思うと

ワクワクするし、すっごく楽しいのですが、

ちょっと話の詰めが甘いような気もします。

スポンサードリンク

ターザンは弟?

エルサとアナの両親は

海難事故に遭ったものの

実は生きていて、

船の上でターザンを出産し、

流れ着いたジャングルで生活していた

 

ターザンはエルサとアナの弟だ

 

という噂もあります。

 

▼ターザンの両親

「ターザン」では

主人公ターザンの両親(貴族)が

赤ちゃんと共に船に乗っていたが難破し、

命からがら脱出して

アフリカのジャングルに辿り着くところから

始まります。

 

「ターザン」の原作本は1912年に出版された

ということで、

19世紀前後のお話である

「アナ雪」「ラプンツェル」

と時代的にも合っています。

 

ターザンはエルサとアナの弟説」は

「アナ雪」と「ターザン」の監督を務めた

クリス・バック氏自身が言っていたそうです。

 

ですが、それは監督の「頭の中では」ということで

ディズニー公式の見解ではないようです。

 

面白いですね☆

アナ雪(アナと雪の女王)の時代背景や原作との違いは?何年頃の物語?

2018.12.18

アナとエルサの髪の色はなぜ違う?両親(父母)からの遺伝や魔法の能力も

2018.12.21

[アナと雪の女王/家族の思い出]猫の種類や名前は?ぬいぐるみも可愛い

2018.12.20
スポンサードリンク

こちらの記事も人気です!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です