アナとエルサの髪の色はなぜ違う?両親(父母)からの遺伝や魔法の能力も

どうも!ハッピです!

 

最近のディズニー映画は、

ジェンダー人種について

だいぶ気を遣って

制作されていますよね。

 

実写版「美女と野獣」では

アニメ版ではいなかった黒人の方が登場されて

いたり、男性を愛する男性がいたり…

 

ディズニーがそういうのを気にしているな、

と思うと、俄然、

登場人物の目の色や肌の色、髪の色など

色々なことが気になってきます。

 

今回は、「アナと雪の女王」の

エルサとアナの髪の色遺伝について

書いていきたいと思います!

スポンサードリンク

エルサとアナはどこの国の人?

「アナと雪の女王」の舞台は

北ヨーロッパです。

 

エルサとアナのお父さんが

治めていたアレンデール王国は、

現在のノルウェーあたりにありました。

アナ雪(アナと雪の女王)の時代背景や原作との違いは?何年頃の物語?

2018.12.18

 

中学生の時に、

ヨーロッパには

ゲルマン民族・ラテン民族・スラブ民族がいる

と習いましたが、

ノルウェーに住む人々は

ゲルマン民族だそうです。

 

▼世界の平均顔

ノルウェー人は載っていませんが、

フィンランド人、スウェーデン人に

似たような外見をしていると思われます。

スポンサードリンク

エルサとアナの髪の色

髪の色は

エルサ:プラチナブロンド(明るい金髪)

アナ:ブラウン(栗色)

です。

 

姉妹で髪の色が違うことってあるのかな?

と思い調べると、あるようです。

 

遺伝のことは難しいので分かりませんが、

Wikipediaで調べると

栗毛と金髪の決定に関わる遺伝子対があり、

優性遺伝が栗毛、劣性遺伝が金髪

だそうです。

  • 遺伝子が金金:金髪の髪色になる
  • 遺伝子が金栗:栗色の髪色になる
  • 遺伝子が栗栗:栗色の髪色になる

 

なので、金髪は

全人口の内で1.7~2%しか

見られない髪色だそうです。

(栗色は最もありふれた髪の色だそうです。)

 

エルサとアナの両親の髪色については

お父さん:ブロンド(金髪)

お母さん:ブラウン(栗毛)

といえると思います。

エルサは

お母さんの金髪遺伝子、お父さんの金髪遺伝子

を持っていて、金髪が発現し

 

アナは

お母さんの栗毛遺伝子、お父さんの金髪遺伝子

を持っていて、栗毛が発現していると考えられます。

 

ただ、エルサの

とっても明るい金髪(白に近い)

普通の髪色ではなく

もしかしたら、

魔法の力によるものかもしれません。

 

幼少期に、

エルサの魔法がアナの頭に命中し、

アナが気を失ってしまったことがありますが、

その時アナの髪の一部がエルサと同じ

白っぽい色になりました。

 

なので、

もしエルサに魔法の力が無かったら

栗色の髪色だったかもしれませんね。

 

ディズニー映画の登場人物の

髪の色や目の色は

奥が深くて面白いです。

 

最後までお読みくださり、

ありがとうございました(^^)

アナ雪(アナと雪の女王)の時代背景や原作との違いは?何年頃の物語?

2018.12.18

[アナと雪の女王/家族の思い出]猫の種類や名前は?ぬいぐるみも可愛い

2018.12.20

[アナ雪]両親は船でどこへ行った?ラプンツェルやターザンとの関連も!

2018.12.18
スポンサードリンク

こちらの記事も人気です!