[フェルメール展]日時指定入場制チケット購入方法を解説!当日券は無し?

フェルメール展

こんにちは。ハッピです!

 

昨日は友人と、兵庫県立美術館で開催中の「ジブリの大博覧会」に行ってきました!

 

ゴールデンウィーク中なので人も多いかとオープン30分前に到着しましたが、昼間でも60分待ちくらいで入れたみたいで、そこまでの混雑に遭うことなく楽しむことができました♪

 

関西なので混雑がマシなのかもしれませんが、東京だと昨年の怖い絵展ミュシャ展は、ディズニーランドくらい待ち時間が長かったり、中に入っても人が多くてゆっくり見られなかったり、大変みたいですね。

 

10月からは、上野の森美術館で「フェルメール展」が始まるので、行きたい方も多いかと思いますが、混雑が悩みの種となりますね。

 

ですがなんと、「フェルメール展」では「日時指定入場制」がとられるらしく、画期的な混雑回避方法だと話題になっています!

 

ですが初めての試みなので、どういう制度なのか分かりませんよね。

 

ということで今回は、フェルメール展の「日時指定入場制」について書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

開催概要

会期:2018年10月5日(金)~2019年2月3日(日)

開館時間:

会場:上野の森美術館
〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2

アクセス:

  • JR上野駅 公園口より徒歩3分
  • 東京メトロ・京成電鉄 上野駅より徒歩5分

観覧料・休館日・開館時間などは春以降の発表となります。

 

スポンサードリンク

 

日時指定入場制について

日時指定入場制の展覧会って今まであまりなかったな~と思うのですが、自分が体験したことのある日時指定入場制は「三鷹の森ジブリ美術館」です。

 

私が行ったのは10年ほど前ですが、1カ月ほど前に、チケットを購入しておかないと当日いきなりは入れない制度でしたよね。

 

私は6月ごろの日曜日に行ったと思うのですが、予約制度のわりにめちゃくちゃ混雑していて、観たいところを自由に回れなかった思い出が残っています。

 

ですが、入場するのに待ち時間がなかったところはありがたかったです♪

 

そんな日時指定制度、歓迎されています。

 

ですが、行くかどうかは、その日のコンディションを見て考えたいと思う方もいらっしゃり、当日券がないと不便でもあります。

今は、日時指定入場制について詳しい情報がないのですが、分かり次第、載せさせて頂きます。

 

スポンサードリンク

 

 

こちらの記事も人気です!