辻村深月(つじむらみづき)の本名や結婚した夫は?出身高校や大学も調査

星空

こんばんは。ハッピです!

 

2018年の本屋大賞が決まりましたね!

 

今年は、辻村深月さんの「かがみの孤城」です♪

辻村さん、お若そうですが、結婚されているのか、旦那さんや子供さんについてとっても気になります♪

 

ということで今回は、辻村深月さんについて書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

プロフィール

名前:辻村深月(つじむら みずき)

本名:?

生年月日:1980年2月29日

年齢:38歳(2018年4月10日時点)

出身:山梨県笛吹市

辻村深月さんのお名前は、とっても綺麗なので、ペンネームなのかそれとも本名なのか、判断しかねますね。

 

辻村さんのデビュー作

 

カメ子
冷たい校舎の時は止まる

のヒロインには「辻村深月」という名前を付けられているそうです。

 

本名かどうかは、情報がなく分かりませんでした。

 

辻村さんの出身高校は私立山梨学院大学附属高等学校です。

 

高校の偏差値は47~58となっていますが、学校のHPを見ると大学受験で医学部医学科に合格している生徒さんもいらっしゃるみたいなので、しっかり勉強できる高校のようです。

 

また、体育会系の部活動が盛んで、サッカー部、駅伝部、野球部、水泳部、ホッケー部は全国大会の常連です。

 

辻村さんは1学年100人くらいの進学コースで、夕方までみっちり授業のあるような勉強漬けの3年間を送られたようです。

 

帰宅したら予習復習に追われ、部活にも入れないような日々の中で、並行して高校生活を題材とした小説を書き、クラスメイトに読んでもらったりもしていたそうです。

 

デビュー作で、第31回メフィスト賞を受賞した「冷たい校舎の時は止まる」は高校時代に書き始められています。

 

大学は、ミステリ研究会に入りたいために、

 

カメ子
千葉大学

を選ばれ、教育学部を卒業されています。

 

「冷たい校舎の時は止まる」は、大学生活の後半から執筆を再開。

 

地元山梨県で就職して2年後くらいにメフィスト賞に応募されたそうです♪

 

OL生活は6年半続けられたということなので、大学卒業後の2003年~2009年10月ごろまで働かれていたのだと思われます。

 

どこの会社か知りたいと思いましたが、情報はなく分かりませんでした。

 

事務職をされていたそうです!

 

2012年、「鍵のない夢を見る」で第147回直木賞を受賞されています。

 

スポンサードリンク

 

結婚相手の旦那さんはどんな人?

辻村さんは結婚されており、7歳と2歳の子供さんがいらっしゃるようです。

 

2011年に第一子を出産された際は、産休も育休も取らずに働いていらっしゃったどころか、

 

カメ子
陣痛中にも仕事をされていた

というエピソードもありました!

 

出産されたのが7月で、次の1番近い締め切りが9月だったということで、休む間もなく働かれたそうです。

 

OL中も、残業や出張をこなしながら、平日夜と土日だけで月に原稿を

 

カメ子
100枚!

書いていらっしゃったということで、真面目に頑張れる方なのだな~と思います♪

 

旦那さんについては、職業や顔写真などあれば見たいと思ったのですが、ネット上では見つかりませんでした。

 

2013年の、子供さんが2歳になる前に、旦那さんと3人でグアム旅行に行った話を、コラムとして日本経済新聞に書かれていたそうです♪

 

グアムに家族旅行は羨ましいですね♡

 

スポンサードリンク