スティッチエンカウンターで選ばれる人はどんな人?仕組みや声優も調査

遊園地

こんばんは、ハッピです!

 

ディズニーランド、みんな大好きですよね♪

私も大好きで、関西在住ですが2年に1回ほど行っています!

 

そんなディズニーリゾートのアトラクション、好きなものはいっぱいあるのですが、タートル・トークスティッチ・エンカウンターには感動しました☆

あんなに面白いとは!!!

アラジンのジーニーもそうですが、ディズニーの面白いキャラって芸人さん並みに面白いですよね☆

 

ということで今回は、スティッチ・エンカウンターの選ばれる人や仕組みについて書いていきたいと思います!

 

※「どんな人が選ばれる?」の項目では、アトラクションのネタバレが少し書いてあります。

 

スポンサードリンク

 

スティッチ・エンカウンターとは

東京ディズニーランドのスティッチ・エンカウンターは2015年7月17日にオープンしました!

2014年6月30日に終了したキャプテンEOの跡地に設置されています。

スポンサーは大和ハウス工業。(2017年12月1日~)

大和ハウス工業は、東京ディズニーシーの「キャラバンカルーセル」のスポンサーでもあります。

 

スティッチ・エンカウンターは、TDLの他には香港ディズニーランド、ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク(パリ)、上海ディズニーランドに設置されています。

香港では時間帯で区切って

カメ子
広東語・英語・中国語

パリでは時間帯で区切って

カメ子
英語とフランス語

にて上映されているみたいです!

 

類似アトラクションには「タートル・トーク」がありますが、フロリダのマジック・キングダムには、映画「モンスターズ・インク」の「マイク」が喋る「モンスターズ・インク・ラフフロアー」というアトラクションがあります☆

 

ちなみに、エンカウンター(encounter)は「出会い」という意味みたいです!

仕組みについて

アトラクション内はガントゥの宇宙船内にあるスペース・トラフィック・コントロール・ルームという設定になっています。

※ガントゥ:身長7mの巨大なエイリアン。銀河連邦の軍人。スティッチを捕まえる目的で地球に送りこまれる。

 

会場では、前方エリアに主に子供のゲストが、後方エリアに大人のゲストが座るようになっています。

スティッチの声は、ゲストからは見えず、ゲスト全体が見渡せる位置にいる声役のキャストによって発せられ、その声に合わせてCGのスティッチが動くようになっています。

 

CGは極めて高いクオリティで構成されている上、声の発音に合わせてコンピューターが瞬時に適切な口の動きをするようになっており、ゲストは実際にスティッチと会話をしているような体験をすることができます。

 

ショーの最後は、ゲストの手助けでスティッチが無事にガントゥの宇宙船から脱出することで終わります。

 

なお、東京ディズニーシーの「タートル・トーク」はメインショーとなる部屋が1つなのに対し、「スティッチ・エンカウンター」はメイン会場が2つあり、回転率が上がっているそうです!

カメ子
感激!

 

スポンサードリンク

 

声優さんは?

スティッチ・エンカウンターを1度体験すると、あらかじめ録音した声が流されるのではなく、その場でスティッチが喋っているのが分かりますよね。

 

となると、1人の人が朝から晩までやってるのかな・・・そんなわけないか・・・どうなってるんだ・・・と、中の人についての謎が生まれます。

 

アニメのスティッチの声を担当しているのは、あの有名な山寺宏一さんです。

 

山寺宏一さんは、ディズニーキャラクターだけでも、ドナルドダック、「美女と野獣」の野獣、「アラジン」のジーニー、「シュガー・ラッシュ」のラルフ、「スティッチ」のユウナの父、「シンデレラ」のジャック(痩せた鼠)など沢山の声を担当されています。

 

ただ、スティッチ・エンカウンターのアトラクションの中に、ずっと山寺宏一さんがスタンバイしているわけではありません。

カメ子
まぁそうやろね~

 

もともと山寺宏一さんの声に似ている声優さんを採用することと、ボイスチェンジャーの技術を駆使することで、どの声優さんがしゃべっても違和感なくスティッチの声に聞こえるようになっているようです。

 

スティッチの声役のキャストさんが何人いるのか、誰なのかは分かりませんが、2部屋あることからも結構沢山のキャストさんがいそうですよね。

 

あと、スティッチ・エンカウンターのスティッチは、ものすごく笑いを取るので、トーク力のある声優さんが採用されるのかも、と思います。

(タートル・トークのクラッシュほどのトーク力は必要ないかもしれませんが。)

どんな人が選ばれる?(ネタバレあり)

私はスティッチ・エンカウンターに2回ほど行ったことがあるのですが、とにかく面白かったです。

 

※ここから少し、ネタバレします。

まず最初に、

あ!スティッチそこの人、みたことある!そこの~~な(←その人の特徴)人!スティッチのこと覚えてる?

という感じで、1人のゲストがスティッチに指名されます。

覚えてる」とか「覚えてない」とか答えるとスティッチが適当に返してきて、「名前はなんだったっけ~?」みたいに聞かれます。

 

〇〇です。」と名前を名乗ると、

やっぱりそうだ~!〇〇じゃん!え~と、たしか、宇宙刑務所で会ったよね!〇〇は三輪車のスピード違反で捕まってたよね!(←何パターンかあるようです。)」

とスティッチに言われ、前方の大きな画面に〇〇さんの顔写真がWANTED風のポスターに加工されて映ります。

この写真が、知らない間に撮られているもので、絶妙に面白いです(笑)

 

この〇〇さんは、この後も途中途中いじられて、最後にスティッチが数枚写真を撮るのですが、その時も〇〇さんの顔写真だけアップで映されて(変顔のときは「変な顔~」って言われながら)、アトラクションの出口付近にも〇〇さんの写真が映し出されてしまいます。

 

他にも、前方に座っている子供たちや、3人組で来ている人、カップル、自ら挙手した人などがスティッチと会話するのですが、〇〇さんだけは別次元で、最初から最後までいじり倒されます。

 

その場に居合わせた者としてはすごく面白いのですが、そんなにいじって大丈夫なのか、〇〇さんが怒ったらどうするんだろう、とちょっと心配になるレベルです。

(「タートル・トーク」のクラッシュは、まだ優しいフォローがあったりするのですが、スティッチは暴れん坊のエイリアンなので、いじりっぱなしというか・・・)

 

なのでそんな、〇〇さんに、どんな人が選ばれるのか気になり、調べてみました!(ネット上での噂と私の経験です。)

 

①大人の男性

私の2回の経験でも、youtubeで動画を見ても、〇〇さんに選ばれるのは、18歳以上くらいの男性でした。

タートルトークでも、最初に「うぉー!」って言わないといけない恥ずかしい役割を担うのは成人男性だったと思います。

 

②日本語が喋れる人

スティッチが喋りかけても、日本語が理解できなかったり話せなかったりしたら盛り下がってしまうので、日本語が喋れるかどうかは大事です。

 

③大人エリアの前列に座っている人

キャストの人がマイクを持って行きやすい位置の人が選ばれやすいみたいです。

あと、WANTED用の写真も撮らないといけないので、カメラの位置的なものもあるのだと思います。

前列真ん中が1番選ばれやすい、という意見もあれば、前列の端の方が選ばれやすい、という意見もあります。

 

④目立つ服装をしている人

スティッチカラーである青い服を着ている人や、スティッチが特徴を言ってマイクを運ぶキャストさんがすぐに理解できるような特徴のある人(眼鏡、ネクタイ、マフラー、スティッチグッズ)が当てられることが多いようです。

 

⑤人の良さそうな人

スティッチにいじり倒されても怒らない、優しくて温厚そうな人が選ばれるようです。

そういう人をどうやって見分けているかというと、

  • 彼女や家族と来ている人(内心嫌でも怒るに怒れない)
  • ディズニーグッズを身に着けている人(ディズニー大好きだから怒らなさそう)

みたいなところと、プレルームで一緒に来ている人と喋っている様子なんかで、判断しているようです。

 

あとは私の主観ですが、若い男性ばかりで来ているグループの1人だったりして、ノリノリ過ぎそうな人は、〇〇さんには選ばれなさそうな気がします。

面白いことを言い過ぎたり、ノリが良過ぎて暴走しそうな人よりは、大人しめの人の方が、スティッチ的には楽なのではないでしょうか。

 

もし当てられたい方は、プレルームの待ち時間に、しっかり日本語で同行者と楽しそうに会話している姿をキャストさんに見せておくのが良いと思います!

 

当てられたくない方は、キャストの人がマイクを運びにくい席に座ったり、マスクやサングラスで表情を読み取りにくくすると良いと思います。

 

私は恥ずかしがりなので、あまり当てられたくないです。(女性なので最初の1人には当たりませんが。)

大人の男性で恥ずかしがり屋な人は、もっと当てられたくないかもしれませんが、定員189人のスティッチ・エンカウンターで、スティッチに見初められたと思ったら、悪くないかもしれませんね(^^)

 

スポンサードリンク

 

 

2 件のコメント

  • つい先日、1泊2日でシーとランドに行って来ましたが、シーではクラッシュにウォーを言わされ、ランドでは惑星の王様にされ、どちらも初めてだったので、びっくりしました。子供向けだと思っていたので、何で俺?とも思いましたが、このサイトを見て何となく納得です^_^

    • 当ブログにお越し下さりありがとうございます^^

      ディズニーシー&ランドに1泊2日で行かれたのですね☆
      ディズニーは本当に夢の国ですよね・・・♪

      スティッチエンカウンター、今は惑星の王様として当てられる仕様になっているのですね☆
      そしてクラッシュにウォーと言わされる役回りも(笑)
      両方当たるなんてものすごい確率だと思います!
      人柄の良さ、温厚さがにじみ出ていたのではないでしょうか?^^

      貴重な体験を教えて下さり感謝いたします☆
      ありがとうございました(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です