[幸色のワンルーム]ストーリーと批判の理由は?放送局やキャストも!

孤独

こんにちは。ハッピです!

 

「幸色のワンルーム」という漫画が、実写ドラマ化されるようですね!

私は漫画に疎いほうなので、ゲームや漫画が実写化されても、あまり感慨はないのですが、

 

その漫画が好きな人にとっては、「原作の世界観を壊されるのではないか」という不安もありつつ、「嬉しい」と歓迎する人が多数だと思います!

 

ただ、今回の「幸色のワンルーム」は、「胸糞悪い」という否定的な意見が目立ったのでびっくり、

 

漫画の内容を調べてもう一度びっくりしました!

 

ということで今回は、「幸色のワンルーム」について書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

幸色のワンルームの作者

幸色のワンルーム(さちいろのワンルーム)の作者は「はくり」さん。

 

元々は『世の中いろんな人がいると言う話』というタイトルでTwitterに投稿されていたそうです。

 

「物語の中でしか成立しない状況」を設定したと、作者さんは言っています。

幸色のワンルームのストーリー

家では両親から日常的な虐待を受け、学校ではいじめられ、逃げ場を失った14歳の少女は声をかけられた青年に「誘拐」という形で保護された。誘拐犯である青年に寄り添う形での生活に、二人は強い絆で心を通わせていく。その生活がなれはじめた頃、少女は「二人で逃げ切れたら結婚しよう、捕まったら一緒に死のう」と提案し、本格的に「結婚」を前提とした「同居生活」を送ることになる。

(Wikipediaより)

 

このストーリーは、埼玉県で発生した女子中学生誘拐事件に似ているということで、批判を浴びています。

 

この事件は、埼玉県朝霞市で中学1年生の女の子が、2014年から2年間、千葉大生の男に誘拐と監禁されていた事件です。

 

ネット上では「もっと早く逃げ出せたのではないか」「誘拐・監禁ではなく単なる家出だったのでは」といったコメントも飛び交い、「監禁されていた部屋の壁の厚さはこれくらいなので、大声で助けを呼べたのではないか」とマスコミも少女を責めるような報道をしていたそうです。

 

犯人が懲役9年になったことが、ついこの間ニュースになっていましたね。

幸色のワンルーム第1話(7/8)の見逃し配信動画を無料で見る方法!

2018.07.04

はくりの年齢や性別は?顔画像や本名についても【幸色のワンルーム】

2018.07.05

批判的な意見

私も、ストーリを見ただけで、これはちょっと・・・ってなりました。

 

このほかに、実写ドラマ化すると、世界観が壊れるからアニメ化くらいが・・・っていう意見も多かったです。

 

スポンサードリンク

 

批判に対する批判の意見


このほかに、漫画を全部読んでないのに批判するな、っていう意見もありました。

中立?

1つめはそのとおりですよね。せめて。

 

2つめも確かに。でも誘拐と不倫は、悪いレベルが全然違うと思うような・・・。

実写ドラマキャストや放送局

このドラマ化は、絶対に批判が多いと思うのですが、それでも扱うという放送局はどこなんだ、勇気あるなぁと思って調べましたが、分かりませんでした。

そうですよね。

 

嫌なら見るな、とかもあると思うのですが、大きなテレビ局が放送することによって、お墨付きを与えることになる気もします。

 

そういうのが好きで、個人で書いている分にはいいと思うのですが、それの読者が増えて流行っているから、視聴率が取れそうだからと言って、それに乗ってしまうのも・・・。

 

なりふり構わずじゃないとやっていけないようなテレビ会社なら、やっても仕方ないかな~と思います。

 

追記

制作

朝日放送テレビ(ABC)

 

放送時期

2018年7月8日~

 

放送時間

朝日放送テレビ(ABC):日曜23:35~翌0:05

テレビ朝日:日曜2:30~3:00(土曜深夜)

 

キャスト

幸:山田杏奈さん

お兄さん:上杉柊平さん

るんさん(@ruuuuummm)がシェアした投稿

柏田テツヲさん(@tetsuokashiwada)がシェアした投稿

 

戸塚純貴さん

清水伸さん

わたなべ麻衣さん

赤座美代子さん

大西信満さん

青井乃乃さん

齊藤なぎささん(=LOVE)

佐々木舞香さん(=LOVE)

雛形あきこさん

木下ほうかさん

 

また新しいことが分かりましたら更新いたします。

幸色のワンルーム第1話(7/8)の見逃し配信動画を無料で見る方法!

2018.07.04

はくりの年齢や性別は?顔画像や本名についても【幸色のワンルーム】

2018.07.05

 

スポンサードリンク

 

 

1 個のコメント

  • 自分はアニメや漫画が大好きなオタク系の人間です。原作のレビューを見ようと適当に検索したら実写ドラマ化で驚いて、尚且何か理解不能のイチャモンつけられてることに驚きました……
    何て言うか文句言ってる人達は読んでないのじゃないかと、アレが誘拐肯定?読みが浅いにも程がある……
    読めばわかりますがキャラクターは二人とも狂って歪んでます。彼らは人として正常ではない人間として描かれており、異常な人間です。
    何て言うか批判してる人達のとりあえずあらすじで判断してる感じがして、中身のない文句言いたいだけのクレーマーにしか見えないんですよね……
    実写化は原作の良さを殺して俳優ゴリオシの道具に使われること多いので個人的にはやめてくれてよかったですが、コレがフェミニスト(笑)達の自己満足の道具にされて原作まで批判されないかと不安です。
    正直今回のは「空想と現実の区別つけろフェミニスト(笑)」という感想が大きいですね……
    でも大概今回のようなクレーマー達に言うと「自分達は空想と現実の区別はついてる。でもこういうのは現実的にダメだ」って言うんですよね……
    普段創作ふれてないくせにちょっとでも現実の事件に近い事あったら、創作側の世界知らずにズカズカと踏み込んできて文句言って来るんですよ……

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です