ミッドナイトジャーナル(ドラマ)のネタバレやあらすじ・視聴率は?

パトカー

こんばんは。ハッピです!

 

ロシアのザギトワ選手が、秋田犬の名前を「マサル」から変えない!と報道されていましたね♪

 

てっきり、飼うことが決まったのかと思ったら、「メス犬をもらう予定なのに男の子っぽい名前でいいのか?」という質問に、「名前を変える気はない」と答えただけみたいでした(;^^)

 

ザギトワ選手のもとへ行くわんちゃんの映像が見られると期待した気持ちを返してほしいです・・・

 

プーチンさんに贈られた「ゆめちゃん」は、とっても可愛がられていて微笑ましいですよね(^^)

ザギトワ選手に贈られる秋田犬も幸せになりますように・・・♡

 

さて、まったく話は変わりますが、3月30日(金)の夜に、テレビ東京の春の開局記念の、竹ノ内豊主演スペシャルドラマ「ミッドナイト・ジャーナル」が放送されます♪

 

見られなかった方もいらっしゃると思いますので、ネタバレを書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

番組概要

テレビ東京
春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル」

2018年3月30日(金) 21時00分~22時48分

キャスト

関口豪太郎…竹野内豊
中央新聞さいたま支局県警キャップ。今から7年前、連続女児誘拐事件にて世紀の大誤報を打ち、左遷された。

藤瀬祐里…上戸彩
中央新聞・本社社会部記者。関口豪太郎とともに、7年前に大誤報を打ち遊軍となっている。

岡田昇太…寛一郎
中央新聞さいたま支局の新人記者。

辻本剛志…徳重聡
中央新聞・本社社会部。

加藤拓三…松尾諭
中央新聞・本社社会部。

清川愛梨…水谷果穂
7年前の連続女児誘拐事件の被害者。

井上美沙…水沢エレナ
中央新聞・本社社会部。

西野佐恵…朝加真由美
関口豪太郎の義理の母。豪太郎の娘を育てている。

須賀誠…升毅
中央新聞さいたま支局デスク。関口豪太郎の上司。

外山義柾…木下ほうか
中央新聞・本社社会部部長。関口豪太郎の元上司。

山上光顕…松重豊
埼玉県警・管理官。

二階堂實…小日向文世
元東都新聞記者。現在は、中央新聞・本社警察庁担当。

 

テレビ東京といえば、松重豊さんですね!☆

 

スポンサードリンク

 

ストーリー

中央新聞さいたま支局県警キャップの関口豪太郎(竹ノ内豊)は7年前の連続誘拐事件で、世紀の大誤報を打ち、本社から左遷されてきた。

 

「誘拐事件の被害女児が帰らぬ人となった」ということと「事件の犯人は2人組」ということの2点で間違った報道をしていた。

 

実際に捕まった犯人は1人で、7年間のうちに司法による裁きを受け他界している。

 

そんな中、新たな誘拐事件が発生。

 

その手口から関口豪太郎は、7年前の事件との関連を疑う。

 

助手席に長身の男が乗っているのを見た、という証言から、やはり今回の事件も2人組の犯行のようだ。

 

犯人が、7年前の事件の犯人の捕まらなかった方だったとしたら・・・

 

反復性が高いという傾向のある事件の割に、ここ7年間は事件を起こしていないのも合点がいかない。

 

前回の大誤報により、自由に事件を追いかけられない関口豪太郎に、新人記者の岡田昇太や、関口に思いをよせる藤瀬祐里記者が協力し、事件を追いかける。

 

真犯人とは・・・。

原作小説ネタバレ

ミッドナイト・ジャーナルは、原作の小説があります。

 

本城雅人さんの「ミッドナイト・ジャーナル」です。

 

今回の誘拐事件は、やはり7年前の事件と関係のあるものでした。

 

7年前に逮捕されず野放しになっていた、27歳の男だった。(長身で細身)

 

この男は、6年前から3年間、ハッキングの罪で逮捕され、服役していたのであった。

 

7年前の時間も、逮捕され法の裁きを受けて他界した男というよりも、この男が主犯だったようだ。(今回も主犯。)

 

この男は、実際に女の子になにかすることが目的ではなく、見ているのが好きだということである。

 

7年前の、関口豪太郎の読みも外れてもいなかった、ということで事件は幕引き。

 

ただこの小説は、事件の犯人が誰か、ということよりも、ジャーナリスト魂みたいなものが主題になっている感じだと思います。

ドラマネタバレ

ドラマ放送後に更新いたします。

関口豪太郎記者は実在する?

ミッドナイト・ジャーナルを読んだ人の感想を見ていると、「産経新聞・サンケイスポーツがモデルになった」というような記述があり、実際にあった話なのかな~と気になりました!

 

ありそうな話だとは思ったのですが、産経新聞でこのような誤報等があったということではないようです。

 

ではなぜ産経新聞の名前が出てくるか、というと、ミッドナイト・ジャーナルの作者・本城雅人(本名・楠山雅人)氏自身が、大学卒業後に産経新聞社に入社し、サンケイスポーツの記者としてスポーツの取材に携わられていたから、です。

 

本城雅人氏は、明治学院大学経済学部卒業後、20年間産経新聞社に勤められたそうです。

視聴率

公表され次第、記載させていただきます。

まとめ

最後までお読みくださり、ありがとうございました♪ではまた(^^)/

 

スポンサードリンク

 

 

こちらの記事も人気です!