上川陽子法務大臣の性格や評判は?派閥や結婚した夫についても!

こんにちは、ハッピです!

 

今回は、上川陽子法務大臣について書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

プロフィール

上川陽子さん

(かみかわ陽子オフィシャルサイトより)

名前:上川陽子(かみかわ ようこ)

生年月日:1953年3月1日

年齢:65歳(2018年7月6日時点)

出身:静岡県静岡市

  • 自由民主党所属の衆議院議員(6期)
  • 法務大臣(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)

上川陽子さんは1953年(昭和28年)生まれの65歳

2000年、47歳の時に衆議院総選挙で初当選(静岡1区)され、政治家になられています。

学歴

上川さんは、静岡市にある私立のカトリック系女子中高一貫校である静岡雙葉中学校・高等学校出身です。

私は関西在住なので分かりませんが、お嬢様学校のイメージが強い学校みたいです。

高校からの入学は募集されておらず、6年間で高い英語力を身につけることが出来るそうです。

卒業生の進路には立命館大学、明治大学、立教大学、青山学院大学、慶応義塾大学などがあります。

 

雙葉高校卒業後は東京大学教養学部教養学科に進学されています。

 

大学卒業後は、三和総合研究所(現:三菱UFJリサーチ&コンサルティング)研究員を経て、1988年、35歳の時にアメリカのハーバード大学ケネディスクールで政治行政学修士号を取得されています。

 

スポンサードリンク

 

性格

私は死刑執行を決めるのが法務大臣ということも今まで知らなかったのですが、今日一気に7人したと聞いて思わず、「死刑執行 決める人」「法務大臣 現在」と調べてしまいました!

 

それくらいインパクトがあったので、上川さんの性格が気になったのですが、性格についての情報はありませんでした。

 

上川陽子さんの公式ページによると、

好きな言葉は「鵬程万里」高く理想をかかげ、遠くを見つめるまなざしを忘れずに。

だそうです。

 

上川さんの経歴を見てきても、東大から大企業に入って、そこを辞めてアメリカ留学をして修士号を取って、政治家になって・・・と、上昇思考が強いように感じられます。

 

政策の基本姿勢についても「腰のすわった政治をめざす」と書かれていたので、ちょっとしたことでは動じない人なのかな~と思いました。

派閥・評判

政治については私は全く分からないのですが、選挙だ!選挙だ!というサイト内の、自民党 党内派閥別 所属議員一覧という表を見ると、上川陽子さんは「岸田派」だそうです!(2018年6月10日時点での情報です。)

■岸田文雄(きしだ ふみお)

岸田文雄さん(@fumio_kishida)がシェアした投稿

生年月日:1957年7月29日

年齢:60歳(2018年7月6日時点)

出身:東京都渋谷区

  • 自由民主党所属の衆議院議員(9期)
  • 自由民主党政務調査会長(第58代)
  • 宏池会会長(第8代)

Wikipediaを見ると、岸田派というのは通称名で、本当の名称(?)は宏池会

池田勇人が佐藤栄作と袂を分かって旗揚げしたのが始まりだそうです。

政策面では、歴史的に明確な一貫性があるわけではないが、自民党内では中道派に属し、特に安全保障では日米関係を重視しながらも、ややハト派的傾向が見られる。

Wikipedia宏池会より)

とのことです。

 

上川さんは今回、こんな業績?を残されました。

 

今回のことで、岸田氏の評判が落ちるということでしょうか・・・?

旦那さんや子供について

2004年の上川さんの公式サイトのプロフィールによると、旦那さんは銀行員で、もともとは大学時代のクラスメイトだったそうです。

 

また、娘さんが2人いらっしゃいますが成人されていて独立されているようです。

 

上川さんは現在ご両親とともに静岡市駿河区大谷に住んでいらっしゃいます。

 

スポンサードリンク

 

 

こちらの記事も人気です!