ビットステーション経営企画部長の名前や顔画像は?年齢や経歴も!

大金

こんにちは。ハッピです!

 

仮想通貨って最近流行ってますよね!

 

私はなんとなく怖いので避けていますが、夫は買ったり勉強したりしているみたいです。

 

家に散らばっている仮想通貨の勉強会のチラシは見てみぬフリをしている今日この頃です(;^^)

 

男の人ってこういうの好きですよね、、、

 

さて、そんな仮想通貨の取引所の会社に業務停止命令が出たようです。

ビットステーションのほかにFSHOという会社も業務停止命令が出て、

 

ほか、大手交換所「Zaif」を運営するテックビューロ、GMOコイン、バイクリメンツ、ミスターエクスチェンジ、コインチェックなどに業務改善命令が出たようです。

 

コインチェックはこの前仮想通貨「NEM」が流出した件から、2回目の業務改善命令みたいですね。

 

沢山の会社が挙がっている中で、私がびっくりしたのは、

 

ビットステーションは「100%株主であった経営企画部長が、利用者から預かった仮想通貨(ビットコイン)を私的に流用していたこと」が理由で、業務停止命令が出たようなのです!

 

コインチェックのNEM流出等は、会社が意図的にやったわけでなく過失で、、、というものでも、許されないことだったのに、私的流用って、、、

 

流用した経営企画部長がとっても気になります!

 

ということで今回は、ビットステーションの経営企画部長について調べていきたいと思います!

 

なお、ビットステーションは、東海テレビの取材にて、「会社オーナーが私的に流用したビットコインは弁済されており、顧客への財産の影響はない」と説明しているようです。

 

スポンサードリンク

 

ビットステーションとは

ビットステーション株式会社は、仮想通貨取引所の運営をはじめとして、フィンテック(ファイナンスとテクノロジーを融合させたIT金融システム)を通じた今までに無い新たなサービスを提供することを目的として、2016年8月に設立された会社です。

 

新しい会社ですね!

 

代表取締役社長は、戸田俊司氏。

 

本社は愛知県名古屋市にあるようです。

 

100%の株を持つ企画経営部長が客から預かったビットコインを私的に流用していた事実が確認され、金融庁から3月8日から1か月の業務停止命令を出されています。

 

スポンサードリンク

 

経営企画部長について

ビットステーションの会社情報のページや、色々と調べましたが、経営企画部長についての情報がどこにもなく、詳細は分かりませんでした。

 

ただ、その人の呼び名が「経営企画部長」となっているときと、東海テレビのように「会社オーナー」となっているときがあります。

 

100%株主ということですし、社長よりも上の人?なのかもしれません。

もう少ししたら特定されるのではないでしょうか?

 

ちなみに、、、経営企画部長ってどんな仕事をする人なのでしょうか?

 

私は大きな会社で働いたことがなく、分からないので調べてみました!

 

日本総研が、「経営企画部門の実態」というコラムを出しています。(https://www.jri.co.jp/page.jsp?id=30050

経営企画部門の3大主管業務は、①中期経営計画・ビジョンの策定、設定、管理、②単年度予算の編成・管理、③特命プロジェクト推進である。

 

過半数の経営企画部門が「新規事業推進」「組織風土改革」「取締役会等の会議体事務局」「CSR推進」等にも何らかの形で関与しており、経営企画部門の守備範囲は極めて広範かつ多様

 

経営企画部門のありたい姿としては、「経営者の参謀」や「会社の頭脳」が多いが、現状を表す表現では「事務局」「経営者の手足」も多く、理想と現実にギャップがある

 

やっぱり難しくて、ちゃんと理解はできていませんが、会社の大事なことを決める係で、本当は「会社の頭脳」など社長的な役割だけど、現状は「事務局」みたいになってしまっているみたいです。

社長・戸田俊司氏について

経営企画部長についてはなにも分からなかったので、社長の戸田俊司氏について書いていきます!

 

戸田俊司氏

ビットステーション株式会社代表取締役社長兼CEO

生年月日:1965年(52歳 or 53歳)
出身:愛知県

貿易商社にて営業業務を経験後

2013年ゴルフショップ運営支援、企画コンサルティング事業を展開。

 

2016年、携帯電話販売・修理、人材派遣、生保・損保を活用した経費削減ソリューションなど複数社を統括するラプレマトレードホールディングスを共同経営

 

2016年8月ラプレマトレード株式会社を設立、代表取締役に

 

2017年1月より仮想通貨取引所を運営。

 

2017年5月社名をビットステーション株式会社に。

 

わずか1年で投資額の10倍以上のリターンを得て、

 

本も出されています。

 

ラプレマトレードホールディングスの今の社長は、田中健太さんという方です。

戸田社長は、田中健太さんと共同経営されていたのかもしれませんね。

まとめ

メインの経営企画部長については、何も分かりませんでした。

 

分かり次第更新いたします。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました!ではまた(^^)/

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です