[にゃんふぇす6]2017@東京の混雑状況や駐車場は?チケット情報も!

ネコのイラスト

こんにちは!ハッピです。

 

みなさん、ネコって好きですよね??(強引)

 

そんなネコ好きの方に朗報です!

 

 

2017年10月
猫好きの猫好きによる猫好きのための
ハンドメイドイベント

 

ニャンフェス6

 

浅草で開催されます!!

 

 

いえ~い(^^)v

 

ということで、今回はニャンフェス6について
ご紹介したいと思います!
 

スポンサードリンク

 

ニャンフェスとは

猫好きによる、猫好きのためのお祭り、ニャンフェス!

日本全国の猫作家・猫雑貨・猫用品が大集結!

オリジナルの猫のイラスト、猫の本、猫の写真、猫の雑貨など猫をモチーフにした作品・猫用品が並びます。

猫好き同士で交流を楽しみながら、猫好きの輪を広げましょう。

ニャンフェス6公式ホームページ

 

ネコに関するハンドメイドのものを自由に売買できる
フリーマーケットのようです。

 

来場者は全員猫好きさんなので、
グッズを売ったり買ったりするだけでなく、
猫好き同士で交流できるのも楽しそう♪

 

また、このイベントは、
ニャンフェス6とあるように、
6回も続いている人気イベントなのです。

 

参考として、これまでの開催日を載せておきます!

第1回:2015年4月19日(日)
第2回:2015年10月4日(日)
第3回:2016410日(日)
第4回:2016年10月23日(日)
第5回:2017年4月9日(日)

ニャンフェス6の開催情報

以下、開催概要です。

会場
東京都立産業貿易センター台東館 6F

開催日
2017年10月8日(日)

開催時間
11:00〜16:00

総スペース
約250スペースを予定

入場料
・前売券 500円
・当日券 500円
※小学生未満無料
※当日券は会場にて13時から

所在地
〒111-0033 東京都台東区花川戸2-6-5

お問い合わせ
ニャンフェス6公式ホームページお問い合わせ

アクセス・駐車場

東京都立産業貿易センター台東館 6F
へのアクセスは、

電車

東京メトロ
東京メトロ 銀座線 浅草駅から370m 徒歩5分
7番出口へ。階段を上がり左側の出口を出て、右へ直進(馬道通り)。二天門交差点の角。

 

東武スカイツリーライン
浅草駅から370m 徒歩5分
エスカレーターを降りて右側の出口を出て、右へ直進(馬道通り)。二天門交差点の角。

 

都営浅草線(地下鉄)
浅草駅から500m 徒歩8分
A5番出口へ。出口を背にして左側(馬道通り)へお進みください。二天門交差点の角。

 

首都高速6号向島線
向島出入口から約5分

所在地:〒111-0033 東京都台東区花川戸2-6-5
電話番号:03-3844-6190

※一般の駐車場はございませんので、近隣の駐車場をご利用ください。

 

会場に駐車場はないみたいですね。
近隣の駐車場をいくつか載せておきます。

雷門地下駐車場
会場から650m(徒歩8分)
収容台数:197台
料金:07:00~23:00最初の30分200円
以降15分ごと100円
住所:東京都台東区雷門2丁目12-18番先

載せている中で一番安いです!

 

ユアーズ・パーキング浅草第1駐車場
会場から300m(徒歩4分)
収容台数:12台
料金:8:00~22:0020分300円
住所:東京都台東区浅草1丁目36-9

穴場との情報あり!

 

リパーク浅草2丁目第5
会場から130m
収容台数:39台
料金:土日祝 08:00~22:0020分 300円
住所:東京都台東区浅草2丁目35-13

三井のリパーク公式サイトにアクセスし、
この駐車場名を検索すると、空車状況をリアルタイムに確認できます。
三井のリパーク 

 

パークイン浅草
会場から40m
収容台数:27台
料金:土日祝08:00~23:0030分250円
12時間最大2000円
住所:東京都台東区浅草2丁目33-7

最大料金が設定されているので
時間を気にせず楽しめます!

 

TOBU PARK 浅草二天門駐車場
会場から129m
収容台数:15台
料金:土日祝 08:00~22:0020分 300円
住所:東京都台東区浅草2丁目35-13

 

スポンサードリンク

 

チケットについて

 

以下のような注意事項が載っていました。

 

入場チケットに関する注意事項

※ニャンフェス6の入場チケットは、[前売券] 500円 [当日券] 500円 です。

※前売り券は売り切れ次第終了です。

※当日券は会場にて13時から販売を開始いたします。

※当日券の入場時間は13時過ぎを予定しております。

※入場時間は、会場の混み具合によって前後する場合がございます。

※会場収容人数が大幅に超え会場側から制限が求められた際は、やむなく入場制限をする場合がございます。ニャンフェス公式ホームページ

 

イベント自体は11:00から始まっているのに、
当日券だと13:00過ぎからしか入れません。

 

しかも、

 

混雑状況しだいでは入場制限がかかるかも?!

 

ということなので、

 

前売りチケットを買っておいた方が良さそうです。

 

前売りチケットは、

ニャンフェス6公式ホームページ

をずーっとスクロールして頂いて、
下部の、eプラスというサイトで購入します。

 

2017年9月13日の時点では、空席あり○でした!

 

また、これまでの前売り券の売切れ状況ですが

 

第1回:前売り券なし、当日券のみ
第2回:1か月以上前に売切れていた、当日券なし
第3回:開催日4日前には売切れ、当日券あり
第4回:開催日3日前に売切れ、当日券あり
第5回:売切れ情報なし

 

でした。
結構売切れています!
第6回も売切れる可能性がありますので、
行きたい方は早目に買っておいた方が良さそうです。

混雑状況・入場制限について

ニャンフェス実行委員会
問い合わせをしてみたところ、

 

・開場前の10時頃にはすでに300人並んでいる。
11時には待機列で300~400人程並んでいる。
11時に会場に到着した場合、入場できるのは11:30~11:45になるかと思われる。
11時~13時が一番混み合う。
13時以降は比較的スムーズに入場できる。

 

と回答がきました。
入場制限がかかっている間は、
前売り券を持っていても入場できませんが、待てば入れるそうです。

 

回答の最後に

 

「混み具合や待機列等はイベント毎に違いますので
予測が難しく、確かなお答えができず
申し訳ございませんが、ご参考になれば幸いです!」

 

と書いて下さっていましたが、
ここまで詳しく教えて頂けるだけで、とってもありがたいですよね(^^)

 

また、ツイッターなどで過去の混雑を見てみると、

 

第1回:入場に最大2時間待ち、昼過ぎから入場制限
第2回:入場制限の情報なし(前売り券のみのため)
第3回:当日券長蛇の列、入場制限あり
第4回:昼ごろ入場制限あり
第5回:混雑・入場制限情報なし

 

とのことでした。毎回ものすごい混雑ですね。

まとめ

ニャンフェスは
前売り券の売切れが続出し、
混雑・入場制限あり
の大人気イベントだということが分かりました。

 

前売り券を早めに買うことは絶対ですね!

 

当日は
13:00以降に行けば、
待たずに入場できる可能性がありますが、
商品が少なくなっていたり
お目当ての商品が完売していたりすると悲しいです。

 

10:00前に行くと、
1時間以上待ちますが、品ぞろえの良い状態で
お買いものができます。
ですが車で行く場合、駐車場料金が気になりますね。

 

色々考えると難しいですが、
11:00ピッタリに行くと1番大変かも
と思いました。

 

交通手段や自由になる時間との兼ね合いですね!

 

みなさまのご検討を、関西よりお祈りしています♪

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
 
 

スポンサードリンク